ETC1000円でGWの渋滞予想 過去最悪

今年のゴールデンウイーク(GW)の高速道路渋滞は“過去最悪”になるという予想。

1000円乗り放題の「ETC休日割引制度」導入により、
30キロ以上の渋滞が昨年の2倍の56回、
最長60キロの区間も登場すると予測されている。


渋滞のピークは下りが5月2日。上りが5月5日だそうです。

高速道路3社と日本道路交通情報センターがまとめたGW期間
(4月25日−5月6日)の渋滞予測によると、
下りのピークは5月2日、上りは5月5日で、
いずれも10キロ以上の渋滞が46回発生。

GW期間全体でも前年の1.7倍となる372回の渋滞を見込んでいる。

でも、渋滞予測を正確に把握しておけば、イライラも少しは回避できるかもしれない。
格安で遠出できるチャンスを生かすためにも、事前にしっかり情報収集しておきたい。

西日本は、阪和道上り下津IC付近の渋滞が最悪。

最大14キロの通過に1時間30分かかり、平均時速は10キロ以下。

また、前述の中国道に加え、東名阪道の四日市ICも上り下りともに要注意。
それぞれ、最大40キロ前後に2時間30分近くかかる。

名神道大山崎JCTも、ピーク時には20キロの通過に1時間20分かかる。

GW期間中の渋滞発生回数が最も多いのは、東日本が東名上りの38回。
以下、東名下り33回、関越上り29回、
京葉道上り27回、
東北道上下25回。

西日本では名神上りが26回で同下りが24回。
以下、第二名神上り20回、中国道上り17回、
東海北陸道下り12回となっている。

今年は16連休という会社もあるそうですが
旗日の渋滞はやはり避けられないでしょう。

ETCカードでお得なのは

ETCを利用し、高速道路1000円通行が始まりました。
ETCを車載して土休日に通行した場合だけの制度ですが、
このETCカードを上手に利用することでお得なサービスが他にも
たくさんあり調べると結構いろんな割引があるのです。

ゴールデンウィークに向けて、今から楽しくわくわくしながら
旅行や遊び、また帰省の計画を立てている人も多いでしょう。

問題は渋滞ですね、渋滞するETCレーンを横目に、
料金所で現金を払う車が先を行く光景・・・
私の地域は田舎なので土日にはそんな光景が

それは、まぁおいといて

お得なETCカードを利用すればテレビや新聞では報道されていない
割引制度などの節約術をフル活用することができます。

例えば、高速料金やガソリン代金などの経費をさらに安くするため、
キャッシュ バックが受けられるカードもあります。


キャンペーンの多くはすでに終わってますが
今後ますます、ETC車載器の取り付けに混雑が予想されます。

またETC車載器のご利用にはETCカードが必要となります。
ETCカードとは高速道路ETCゲート通過に伴う通行料金を決済するための
ETC専用のクレジットカードです。

ETC車載器の需要の増加に伴い、ETCカードのお申し込みも増えています。

早ければ早いほどお得です。

ゴールデンウィーク前までにETCカードを入手するためには、
お早めにETCカードのお申し込みをすることをおすすめします。

また、ETC提携カードには
高速道路やガソリンスタンド利用分のキャッシュバックもありますよ



ETC高速道路1000円明日からスタート

ETCを利用しての高速道路1000円がいよいよ明日からスタートですね

問題も発生していますが概ね大丈夫のようです

カー用品店ではETC車載器の新規導入費用への助成受け付けを受け、
ETC車載器を求める客が殺到して品切れ状態で

今現在は、全国的にETC車載器の品切れに陥っており、
今から予約しても助成を受けるのは難しそうです。


にわかに大人気となったETC車載器。
全国での高速料金値下げを前に、ここぞとPRに乗り出す観光地も少なくないが、
高速道路の渋滞が懸念されるなど、早くも課題山積だ。


しかしよく見るとこの高速料金値下げ法案
ETCを取り付けた乗用車が対象の2年間の時限措置。

でも思い出すと民主党が高速道路無料の案をだして
代替として自民党がだしたもの


世界でも、日本の高速道路の料金は断トツ世界一高いです。
高速道路で異常な高額なお金をとる国は日本だけだと言う事。
それにアメリカにしろヨーロッパにしろ日本は金額に差がありすぎます。

いくら土地が高いにしろ元々の公約を考えると
出資金を回収すれば無料にする約束がその地域だけではなく
あっちもこっちもいらない所までその儲けをつぎ込んで
無駄遣いで官僚の天下りや政治家は大金持ち・・・


話は戻り
大都市圏またぎと呼ばれる東京や大阪といった大都市圏を経由する
ルートを走行する以外は問題ないようです。

これに伴いレンタカーの貸し出し料金の割引キャンペーンを始めたところもあります。
たとえばオリックス自動車はBMWなどの高級車のレンタルが45%も安くなるキャンペーンも


実際に利用するのにも首都圏や大阪の
除外区域を確認してください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090327-00000128-jij-soci


ETC車載器一覧


ETCおすすめランキングはこちら


ETC今日から助成金開始

ETCでの高速道路1000円で利用できるという話が進み
今日から助成金もスタートしました・・・が
かみ合わない政府、やはり問題が多く発生しています。

実際に28日の稼働を目指していたETC搭載車の
高速道路の通行料金引き下げが、計画より遅れる模様

国土交通省は28日開始と発表していたが今は
「ゴールデンウイークまでには間に合わせたい」
と話がズレている。

今の政府の決め事はすべて遅れますね
見切り発車のツケか・・・

帰省や旅行で利用者が増えるゴールデンウィークに
使えなかったら意味ないですよねぇ

土日祝日の地方の高速道路の上限料金を、1000円とする
料金体系の実施が一部4月下旬以降にずれ込むと発表。

この原因は「大都市圏またぎ」と呼ばれるルートを走行した場合、
計画通りには引き下がらない。地方区間から高速道路に入り、
東京や大阪といった大都市圏を経由して再び地方区間を走行すると、
前後の地方区間の上限1000円が2回徴収されてしまうからだ。

当初の計画では、前後の地方区間の料金は同じ「地方区間」として合算して、
1000円だけ徴収する予定だった。

しかし、料金徴収システムの改修の遅れから、
利用者は4月下旬まで2000円支払うことになる。


利用者は国交省や高速道路会社の作業の遅れで、不利益を被る形だ。
しかも余分に取られることになる通行料について国交省は、
「後日、利用者に返還することは考えていない」と意思表示している。

高速道路の通行料金引き下げは、政府の追加経済対策の柱の一つだけに、
利用者から不満の声が上がりそうだ。


一方、財団法人高速道路交流推進財団は、
ETC車載器の購入費用を肩代わりする助成制度を今月12日から
スタートさせている。

助成額は四輪車が5250円、二輪車が1万5750円。
申し込みは31日まで。
同財団では期間中に約10万台分の助成を見込んでいる。

実際に利用するのにも首都圏や大阪の
除外区域を確認しないと損します。

ETC 政府が助成100万台分50億円

ETC 政府が助成100万台分50億円

ETCで高速道路が1000円に、が現実に
高速道路料金の大幅割引を盛り込んだ平成20年度の
補正予算が成立したことでETCで高速道路が1000円に
という話は現実になりそうですね。

そんな中政府が
3月に経済対策として実施する高速道路料金引き下げに合わせ、
国土交通省は27日、自動料金収受システム(ETC)の新規購入者に対し、
100万台分(約50億円)の助成を実施することにした。

3月下旬以降、数回に分け実施する。

1台当たり5250円で、05〜07年度に実施された助成と同額になる。
取り付け費用などを含めたETCの市場価格は2万円程度で、
購入者の自己負担は4分の3に軽減される。

助成の財源は、13年度までに解散する同省所管の財団法人
「高速道路交流推進財団」の保有資産を活用する。

1月末現在の全国のETC搭載車は約2260万台で全体の約3割。

ETC搭載車に限定される高速道路料金引き下げに便乗することで、
搭載率アップを狙う。
同省幹部は「高速道路利用者への利益還元になる」と説明している。
【高橋昌紀】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000009-mai-soci


高速道路料金の大幅割引を盛り込んだ平成20年度補正予算が成立しましたね。

目玉は「普通車の場合、地方圏は土、日、祝日、上限1000円で乗り放題」。
ただ、首都高速道路など、別途料金を加算される道路もあり、
1000円では済まないケースがあるほか、
選択するルートによって値段が変わってくる。

「大幅割引」を最大限活用するためには、
ちょっと下調べが必要なようです。



ETC車載器一覧


ETCおすすめランキングはこちら


ETCで高速1000円がやっと?

高速道路が1000円で乗り放題は嬉しいですよね
ウソばっかりの麻生さんどうなってんのって感じでしたが。
ETCで高速1000円がやっと決まりそうです。

高速道路料金の大幅割引を盛り込んだ平成20年度補正予算が成立した。
目玉は「普通車の場合、地方圏は土、日、祝日、上限1000円で乗り放題」。

 国土交通省と東日本高速、中日本高速など高速道路6社は、
今年度第2次補正予算案に盛り込んだ高速道路料金の値下げ案の内容を正式発表した。

土日祝日の地方圏の路線で、普通車は終日、上限1000円で乗り放題とするほか、
首都高速、阪神高速も700円区間を500円とする(首都高は土曜除く)。

値下げ案ではこのほか、地方圏で平日、全車種について、
これまで割引のなかった午前9時〜午後5時などの時間帯を3割引きとする。
深夜時間帯の5割引きは継続されるため、終日、3割以上の割引が受けられることになる。

また、当初1500円とする方向で検討していた
本州四国連絡高速道路の料金は、地元の要望を受けて上限1000円とし、
東京湾アクアラインも上限1000円とする。

ただ、首都高速道路など、別途料金を加算される道路もあり、
1000円では済まないケースがあるほか、
選択するルートによって値段が変わってくる。
割引活用するためには、どんな点に注意すればいいのか



★ETC車載器一覧


★ETCおすすめランキングはこちら



そんな中
西日本高速道路(大阪市北区)は、旅行事業に参入することを正式に発表した。
第1弾として3月下旬をめどに、インターネットの宿泊予約サイト「みち旅」
(http://www.michitabi.com)を立ち上げ、
西日本の旅館など約100軒の宿泊プランの販売を始める。

2万円以上の宿泊を予約した場合には、高速道路のサービスエリアや
パーキングエリアの売店で使用できるサービス券(額面1000円)
をプレゼントする。
夫婦や家族連れを対象に、平成21年度は2億円、
22年度には6億円の売り上げを見込んでいる。

ETCカード 車載機 お得 比較 即日発行
ETCカードとETC車載器今がチャンス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。