ETCの取り付け 注意点カテゴリの記事一覧

ETC車載器の取り付け注意点

ETC車載器の取り付けの注意点

ETCの取り付け方は、基本的にアンテナを取り付けて、車から電源を取るだけです。

よくACC電源から引っ張ると言いますが「ACC電源」と言うのはありません。
車のキーを差し込み、「ACC」の位置にしたときに、
カーナビやカーステの電源が入る位置12Vが出力される所がそうです。

ナビが付いているのなら、ナビにACCから電源入力されていますので、
そこから電源を取ることができます。
また、ダッシュボード裏の配線やヒューズからも電源を取ることができます。

コードに「ACC」とタグが付いている事もあります。
わからなければ、ディーラーに聞いた方が安心で
安心して取り付けるためには聞くほうがいいでしょう。


なお、常時(キーを指さなくても)電源を出力している箇所もありますが、
それには接続しないでくださいね。
すぐにバッテリーがあがってしまいますから・・・。

ETCは単独で動作するモノですので、ナビとETCのメーカーが違っても問題ありません。
また、ナビにつなぐ必要もありません。
たとえ、ETCがナビ連動型でも電源だけ取れれば使えます。

基本的にアンテナを取り付けて、車から電源を取るだけです。

簡単につけるなら、ACCはヒューズBOXのステレオから取ればいいですよ!

私の場合は通販で備わってましたが
ヒューズから配線を取り出せる物がカーショップに売っていると思います。

アースはボディにに付いているネジならどこでもいいので
表から見えないネジに絡めて止めてください。


しかし、ETCユニットやETCのアンテナが見えるところにあるのは、
防犯的にも見た目にも良くないと思います。

ETC取り付け車だと判るとETCカードやETC車載器を狙った盗難に遭いやすくなります。
そこで本体及びアンテナを隠すように設置するほうが良いでしょう。

使う工具も特殊なものはありません。
やる気があれば誰でもできます。

マニュアルさえあれば
女の機械オンチの私ができたのですから。

ETC車載器の取り付け方はインターネットで検索すれば
詳しく説明してくれているサイトが多くあります。
車種とETC車載器のメーカーが一致するのをさがしてください。

なくても基本は同じようなものですので大丈夫でしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。