ETC 政府が助成100万台分50億円

ETC 政府が助成100万台分50億円

ETCで高速道路が1000円に、が現実に
高速道路料金の大幅割引を盛り込んだ平成20年度の
補正予算が成立したことでETCで高速道路が1000円に
という話は現実になりそうですね。

そんな中政府が
3月に経済対策として実施する高速道路料金引き下げに合わせ、
国土交通省は27日、自動料金収受システム(ETC)の新規購入者に対し、
100万台分(約50億円)の助成を実施することにした。

3月下旬以降、数回に分け実施する。

1台当たり5250円で、05〜07年度に実施された助成と同額になる。
取り付け費用などを含めたETCの市場価格は2万円程度で、
購入者の自己負担は4分の3に軽減される。

助成の財源は、13年度までに解散する同省所管の財団法人
「高速道路交流推進財団」の保有資産を活用する。

1月末現在の全国のETC搭載車は約2260万台で全体の約3割。

ETC搭載車に限定される高速道路料金引き下げに便乗することで、
搭載率アップを狙う。
同省幹部は「高速道路利用者への利益還元になる」と説明している。
【高橋昌紀】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000009-mai-soci


高速道路料金の大幅割引を盛り込んだ平成20年度補正予算が成立しましたね。

目玉は「普通車の場合、地方圏は土、日、祝日、上限1000円で乗り放題」。
ただ、首都高速道路など、別途料金を加算される道路もあり、
1000円では済まないケースがあるほか、
選択するルートによって値段が変わってくる。

「大幅割引」を最大限活用するためには、
ちょっと下調べが必要なようです。



ETC車載器一覧


ETCおすすめランキングはこちら



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。