ETCカードとは

ETCとは?
ETCカードのETCとはElectronic Toll Collection Systemの略で、
高速道路や有料自動車道における道路使用料金の自動支払いシステムのことです。

自動支払いシステムの利用には、自動車に設置する車載器と
ETC用のETCカードかクレジットカードが必要となります。

システム利用には、「車載器」とETC用のETCカードまたはクレジットカードが必要で、
車載器にETCカードを挿入した状態で利用します。

高速道路を頻繁に利用する人にはとても有利な条件で高速道路を使用でき、
ETCシステムの普及促進のためにも、利用者のメリットをうたい文句にシステム導入をアピールしています。


ETCカードは車載器に挿入して利用しますが、それによって道路使用料金がETCカードにより
自動的に引落されるというわけです。

その方法は自動車道の料金所に設置した料金支払いシステム装置のアンテナと
自動車道利用者の自動車に装着した車載器とを無線でデータの送受信をすることで、
決済を電子的に行い、道路のゲートを通過するだけで自動的に道路使用料金を支払うシステムがETCです。

このETCシステムを使うことにより、料金所でその都度いちいち停止して
車の窓を開けて通行料金を支払う手間がないため、走行状態のまま料金所のゲートを通過できるので、
スムーズな通行が可能となり高速道路の料金所での渋滞を緩和するメリットがあります。


各種高速料金の割引などの特典を細かく調べて、賢く利用すると
システム側と利用者ともにメリットがあるシステムです。

通行料金は、クレジット決済機能で引落されます。
ETCカードを使って高速道路を利用すると高速料金が安くなり時間帯によっては半額や割引もあります。
またポイントがつくサービスもありますのでお得です。


ETCカードは高速道路を使う方にはお得で便利なのですが、
車載器を取り付けたりETCカードの発行がわずらわしかったりで
便利なのはわかっていても利用していない方もわりと多いのです。

ETCカードの種類は、高速道路会社の管理する個人用のパーソナルカード、
法人ユースのコーポレートカード、クレジット会社の発行するETCクレジットカードが
現在ETCカードとして発行されています。

ETCカードの発行会社の特典を比較して
少しでもお得なETCカードを利用しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。