ETC1000円でGWの渋滞予想 過去最悪

今年のゴールデンウイーク(GW)の高速道路渋滞は“過去最悪”になるという予想。

1000円乗り放題の「ETC休日割引制度」導入により、
30キロ以上の渋滞が昨年の2倍の56回、
最長60キロの区間も登場すると予測されている。


渋滞のピークは下りが5月2日。上りが5月5日だそうです。

高速道路3社と日本道路交通情報センターがまとめたGW期間
(4月25日−5月6日)の渋滞予測によると、
下りのピークは5月2日、上りは5月5日で、
いずれも10キロ以上の渋滞が46回発生。

GW期間全体でも前年の1.7倍となる372回の渋滞を見込んでいる。

でも、渋滞予測を正確に把握しておけば、イライラも少しは回避できるかもしれない。
格安で遠出できるチャンスを生かすためにも、事前にしっかり情報収集しておきたい。

西日本は、阪和道上り下津IC付近の渋滞が最悪。

最大14キロの通過に1時間30分かかり、平均時速は10キロ以下。

また、前述の中国道に加え、東名阪道の四日市ICも上り下りともに要注意。
それぞれ、最大40キロ前後に2時間30分近くかかる。

名神道大山崎JCTも、ピーク時には20キロの通過に1時間20分かかる。

GW期間中の渋滞発生回数が最も多いのは、東日本が東名上りの38回。
以下、東名下り33回、関越上り29回、
京葉道上り27回、
東北道上下25回。

西日本では名神上りが26回で同下りが24回。
以下、第二名神上り20回、中国道上り17回、
東海北陸道下り12回となっている。

今年は16連休という会社もあるそうですが
旗日の渋滞はやはり避けられないでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。